• TOP
  • ウェルカムの姿勢

ウェルカムの姿勢

新人を歓迎しよう

もしも新しいスタッフがお店に来て働くこととなったなら、その新人が仕事の出来るスタッフになるかどうかは、初日から決まります。
初めての仕事場にくる新人は、誰でも緊張するものであり、お店側では受け入れられる体勢をしっかりと整えておくことです。

まずはお店のスタッフは新人を歓迎しているということを表現し、ウェルカムメッセージを発信しましょう。
そうすれば新人も歓迎されているということがわかり、仕事へのやる気も高まり、少しでも早く仕事を覚えようという気にもなります。

重要なのはどのように店が歓迎する体勢を整えるかです。
必ず行うべき事は、新人が来るということを店長などはもちろん、店の全てのスタッフで共有しておきましょう。
また新人は誰が教育するかも決めておき、新人が仕事でわからないことがあったりして、質問する時などもその人が対応するようにします。
そうすれば、わからないけどなんだか質問できないということも避けられます。

新人の為に、お店に来る日までにはネームプレートや制服やタイムカードなどの備品などは全て用意しておきましょう。
お店に来たその日から他の人と同じスタートラインで仕事が出来るようにしてあげましょう。
もしも必要なら、メモ用にメモ帳を渡すという親切心を示してあげるのも良いです。

新人の心境

初めて職場に来る新人は、上手く仕事が出来るか、どんな人がいるのか、新しい職場に馴染めるのかなどと心配事は沢山あります。
そんな状況で、新人が仕事をしていけるか決めるのは仕事の1日目がとても重要であり、1日目から失敗続きや、スタッフが誰もフォローしてくれないような場合は、最悪1日で退社するような人もいるのです。

そんなことを避けるためにも、新人を迎え入れる準備はとても重要であり、新人がスムーズに仕事に馴染めるようにしていくのです。
新人教育もとても大切であり、教育するスタッフは必ず決めておくようにします。
せっかく新人がお店に来ても、わからないことがあってもたらい回しにされるようなことは避けるべきです。
また新人がわからないことがあれば、必ず親身になって教えるべきです。

そうして、新人が職場に来やすく馴染みやすいよな仕事場を作っていけば、新人もどんどん仕事を覚えていき、いち早く一人前となり、仕事場での戦力ともなります。
また仕事を覚えてきたら、少しの事でも褒めてあげるのも良い方法です。
褒めて伸ばすという言葉があるように、人は褒められると嬉しい気持ちになり、それが仕事だとさらに仕事を頑張ろうという気持ちになります。
新人を迎え入れて戦力に育てていけるかどうかは、初日のスタッフの対応から決まっていくのです。