• TOP
  • 笑顔で接客するには?

笑顔で接客するには?

笑顔で接客するポイント

笑顔は接客をするには基本の表情であり、これが出来ないと接客はつとまりません。
まずは普段から笑顔を意識して接客を行うことです。
自分の表情がどうなっているか、硬くなっているなら、意識して笑顔を作るようにしましょう。

また接客していれば、いつも良いことばかりとは限らず、嫌なお客さんもいるでしょう。
しかしそのような時でも泣きたい気持ちは抑えて、そのときの気持ちは心の奥底にしまいましょう。
そこで怒ったりしては、その後の接客に影響を与えますので決してしてはいけません。
もちろん嫌なお客さんに無理して笑顔でいるのは難しいですが、表情を強ばらせるのも、その後に影響を与えます。
仕事の付き合いなんだと割り切って、気にせずに仕事を進めれば、それ以降も笑顔になりやすいです。

笑顔のトレーニング

接客で笑顔になるには、意識しないと出来ません。
そのために、普段から練習するようにしましょう。
笑顔とは歯が見えて、表情が和らいでいる状態です。
鏡を見ながら笑顔を作って、接客でも笑顔になれるようにしましょう。

とは言っても、どうすれば良い笑顔なのかはわかりにくいかもしれません。
そこで「い」という発音をしたときの顔が良い笑顔です。
たとえばウイスキーと発音すると笑顔を作れますので、大げさに発音して笑顔を作る練習をするのも良いでしょう。

また口角を上げる練習も有効であり、口角を上げた状態で10秒ほどキープする、これを1日10セットぐらい行うのも、笑顔を作る練習になります。
出来れば笑顔は口元だけではないので、目も口ほど物を言うというように、目元も笑顔にする練習をすると良いです。

笑顔の効果

笑顔の効果は、相手に安心感を与えるということがあります。
相手の警戒心を解いて、ストレスを軽減し、心拍数を落ち着かせる効果があります。
表情が強ばっていれば、相手は警戒し、これは接客には向かない表情です。
笑顔でいればお客さんもお店に入りやすく、接客もしやすくなります。

また好感を与えますので、お客さんがあなたの印象を良く受け止め、接客をスムーズに行えるようにしてくれます。
また笑顔は他人ばかりでなく、自分にも良い効果があり、自律神経を整えます。
他人のみばかりでなく、自分自身の体にも、笑顔は良いのです。

笑顔であればお客さんから自発的にお店に来てくれたり、店員に話しかけたりしてくれることもあります。
お店を経営していく上ではなくてはならないことでしょう。
笑顔であればお客さんのお店や店員への評判も良くなりますので、口コミでお客さんを呼ぶという効果も見込めます。
行って気持ちの良くないお店なら誰もが行きたくはありませんが、笑顔で気持ちよく接客すれば、お客さんも自然と来てくれるようになります。