• TOP
  • 接客態度は特に念入りに

接客態度は特に念入りに

居酒屋経営をする上で、特に大切になるのが、「接客態度をいいものにすること」です。
お客さんというのは、実に色々なところをしっかりと見ています。

特に、居酒屋というのは楽しく盛り上がる場所ですので、その盛り上がりを損なわない様な店員の存在が必要になる、ということです。

アルバイトを雇う場合は

アルバイトを雇う場合、やはりある程度接客を体験したことがある人がいいでしょう。
接客業を経験したことがある人と言うのは、接客業の接客の何たるかを知っていますので、お店を開く上でもきっと頼ることができるでしょう。

全員を経験者でそろえるのは難しいかもしれませんが、なるべく経験者をとる様な努力はしたいものです。
しかし、どうしても経験者が見つからないという場合は、人前で笑顔で話すことができる人材を選ぶこと。

笑顔は、接客をする上で是が非でも必要になるものですので、これをクリアしている人材を選びたいものです。
面接の場面で、ただ黙っているような人材は、育てるのが難しいかもしれません。

居酒屋だからこその気配りを

居酒屋で働く場合、やはり色々なことに気を回さなければなりません。

具合が悪い人がいればお水を運ぶことが必要ですし、お客さんの靴がぐちゃぐちゃにおいてあれば、それをそろえることも店員の仕事になります。

大切なのは、これらの仕事を「指示することなくすることができる」ということです。
居酒屋というのは仕事が山積みですから、いちいち細かいところまで指示することができないこともあるでしょう。

だからこそ、これらの作業を自発的にやってくれるような店員の育成が必要になるのです。
ぜひとも、そういった店員を育てるために、努力をしてみて欲しいと思います。

こういった細かい心遣いをすることができるかどうか・・・それだけで、お店の売り上げが違ってくるものです。

店員の質でリピーターの数が変わります

居酒屋では、店員の質によってリピーターが生まれるかどうかが決まります。

盛り上げ上手で感じのいい店員だと、お客さんも「もう一度来よう」という気持ちになると思いますし、逆にあまり言い接客ではない場合「もうこの店では飲まない」ということになるでしょう。

居酒屋はたくさんありますので、お客さんの反応というのはとてもシビアなものです。
リピーターを増やすためには、やはり店員の接客態度について気を配り、少しでもお客さんがきやすいお店にする必要があると思います。

このように、店員がしっかりと成長していくことができるお店にしたいですね。