• TOP
  • 接客においてアイコンタクトは重要です

接客においてアイコンタクトは重要です

アイコンタクトを使う

接客する上では、アイコンタクトを上手に使うには、目があったと思ったら笑顔で挨拶することです。
お客さんが来たら挨拶してもてなすのが常識なので、いらっしゃいませなど店に来てもらったことを、感謝して挨拶しましょう。
お辞儀する場合なども、お客様に対してアイコンタクトをする必要があります。

しかしアイコンタクトして挨拶すればいいかというと、そうではありません。
店員さんの気持ちも大切なので、お客様を大切にする気持ちを持つことも大事です。
気持ちを持つと表情が軟らかくなり、雰囲気の良い挨拶が出来るようになります。
最初は緊張して上手く出来ないかもしれないですが、慣れていけば出来るようになるでしょう。

お客様から質問されたとき

このような場合にもアイコンタクトは重要です。
お客様から何か聞かれたり、話しかけられたときには、アイコンタクトを使いましょう。
人によってはお客様と話すときは目線を外す方もいますが、これはあまり良くありません。
やはり人と話すときは目を合わせて話すようにすべきです。
そうすることで、お客様は自分のことを考えながら話しているんだと、実感して安心できます。

話している間は、お客様から目線はなるべく外さないようにします。
じっと見ているのは耐えられないという人は、目の下の鼻のあたりを時々見るようにしても良いかもしれません。
ただしずっと鼻先を見ながら話していると、変な人だと思われるので、時々見るぐらいにすべきです。

アイコンタクトを意識して取り入れよう

接客の場ではアイコンタクトは特に重要だとお話ししました。
接客するなら必要なスキルであり、目を見て話すことが出来ないという人は、接客業には向いていません。
苦手でも接客をしないとならないというなら、意識してアイコンタクトするようにすべきです。

なかなかアイコンタクト出来ないという人は、軽くほほえむだけでもお客様からの印象は変わってきます。
ほほえむだけでお客様は安心し、いつでも何か聞けるという気持ちにもさせますので、接客をスムーズにするのに役立ちます。

ただ接客業を行っていき、業務には慣れてきたけど、どうしてもアイコンタクトは苦手だという方もいるでしょう。
その場合は日頃からお客様以外の方と話す場合でも接客の時を意識して、相手の目を見て話すようにすると、接客時でも相手の目を見て話すことが出来るようになります。

苦手だという方は、やはり訓練が必要であり、接客していれば自然と上手くできるようになるというものでもありません。
お客様によっては俯いていたりする方もいるかもしれませんが、そのような方にも出来ればお客様の目のあたりを見て話してあげると良いでしょう。