• TOP
  • 消防署への届け出

消防署への届け出

消防署への届け出も必要です

お店を開くには、消防署にも届け出をしなければなりません。
どんな届け出をすることが必要なのか?についてお話をしましょう。

防火の観点から届け出が必要になります。

建物は防火の対象物ですので、それがきちんとした使用がされているのか、用途に合った使われ方をしているかを提出しなければなりません。

ただ、この法律にはもうひとつ注目したいことがあって、「従業員を含め店内の人員が30名以下であれば、届け出は必要ない」ということになっています。

また、30人以下であれば防火管理者なども必要がありませんので、自分が該当するかどうかをきちんと調べて下さい。
参考サイト:飲食店開業に必要な届け出~消防署~

↑このサイトをみても、30人以下の場合は届け出が必要ないとはっきり書いてありますね。
ちなみに、床面積なども届け出に関係してきますので、どの程度の面積があるのかも調べておきましょう。

乙種防火管理者とは

建物の面積が300平方メートル以下の場合、乙種防火管理者というものを置く必要があります。

300平方メートル以上になると甲種防火管理者が必要になりますが、このくらい大きい建物になる飲食店はめったにありませんので(ショッピングモールのフードコートなら別ですが)、ほとんどが前者に該当すると考えてください。

乙種防火管理者と書くと難しい資格の様ですが、実は一日講習をうければ取得ができるものなので、そこまで深く考えすぎることはありません。
講習を受けたら、その後に「防火管理者選任届出」「防火管理者資格」を消防署に出します。

消防署に相談・確認をすることは大事です

まず、消防署に確認や相談をしておくことはとても大切なことになります。
従業員を入れて30名程度の飲食店が「消防署に届け出を出すかどうかの基準」になりますが、自分の店がどんな申請をしなければならないのかを確認しておきましょう。

事前に何が必要なのかを知ることで、慌てずに申請の準備をすることができますし、きちんと確認をすることもできますので、それはとても重要なことになります。

お店をオープンさせるというのは簡単なことではなく、いろいろな法律をきちんとクリアしてはじめて実現することができるものになりますので、きちんとした手順を踏むためにも「相談」は大切。

スムーズにオープンをするためにも、事前に必要な申請のことをきちんと調べておきましょう。
こういった条件をクリアした上で、やっと居酒屋をオープンさせることができるのです。