• TOP
  • 販促方法

販促方法

効果的な販促方法

飲食店を開業するとなると、お店を宣伝することは欠かせません。
宣伝無しにはお客さんも、あなたのお店を知ることはなく来てくれませんので、販促は必須です。
販促は色々な方法があり、身近なものから大々的なものまでありますが、お店で出来ることをして無理のないことをすると良いでしょう。

方法としてはチラシを配る、ポスティング、web上で宣伝、看板などで知らせるなどの方法があります。
ポスティングやweb上での宣伝はお店から遠い場所への宣伝であり、チラシ配りなどはよりお店に近い人への宣伝となります。

これらを組み合わせて宣伝していくこととなりますが、大切なのは繰り返し宣伝することです。
一度だけの宣伝よりも繰り返し行った方が効果は高いです。
また宣伝を行うなら、お店の開業前から行うと良いです。

そして意外に効果が高いのが法人営業です。
法人営業と言っても、営業マンのようにスーツを来て堅苦しく外回りする必要はなく、名刺やチラシを持って、オープンすることを伝えるだけで良いです。
その時には、サービス券や割引券なども一緒に手渡すとお店に来てくれる確率も高まります。
特にランチ営業をするようなお店なら、近場のサラリーマンやOLがお客さんとなってくれる可能性の高いので、近くの各会社や機関に知らせるのはとても有効的です。

お店の顔

飲食店へ来るお客として一番可能性の高いのは、近くの人であり、店の前を通る人もお客になりやすいです。
そのために、お店の顔を作り出しそれを大切にして、自分のお店の特徴を出すことで、通りを通っている人にも目に付きやすくなり、お店に来てくれる可能性も高まります。

お店をアピールするポイントとしては、まずは目立つことです。
どこにお店があるのかわからなければ、お客さんも来ることはないので、外からお店の場所が分かるようにすることです。
そして何の店であるのか、中華料理なのか居酒屋なのかイタリアンなのかなどと看板やデザインでわかりやすくしましょう。

そして重要なのが、お店に入ろうとしている人に対して、不安を取り除くことです。
食事をしようとしている人が、通りを歩きあなたの店を見つけたときに思うことは、料理の値段が高くないのかということです。
この不安を取り除くために、看板や食品サンプルで値段を掲載して、料理の値段を道行く人にわかるようにします。
このような値段を知らせる場合は、値段だけを書くよりも写真などと一緒に掲載した方がわかりやすいです。

そして入り口もわかりやすく清潔にしておき、入りやすい雰囲気のお店にしておきましょう。
入り口が細々していたり、どこが入り口かわからないような飲食店は、お客さんも入るのを躊躇します。
お客さんを逃がさないように入りやすい雰囲気にするのです。