• TOP
  • マニュアル作成

マニュアル作成

開業前までにマニュアルを揃える

飲食店はスタッフを雇って働いてもらうために、スタッフのためのマニュアルが必要です。
そしてもう一つ飲食店は毎日売り上げなどがありますので、その管理も必要であり、どのよううに管理するかのマニュアルも作るべきでしょう。
このようなマニュアルがあることで、スタッフが接客をしっかりと行うことが出来、日々の売り上げを管理することも出来ます。
マニュアルがあることでスタッフも、誰が仕事をしても同じ水準のサービスを提供できるのです。

開業前までにはこのようなマニュアルを揃えておき、営業を始めたら営業内容によって適宜改良を加えると良いでしょう。
開業前までに揃えておくべきマニュアルは以下の通りです。

まずはハウスルールを決めておき、これは休憩やまかない、タイムカードの扱いなどに関してのことです。
接客マニュアルと掃除マニュアルも用意しておき、これはお店での接客と掃除に関してのことになります。

そして重要なのが調理マニュアルです。
飲食店では、調理してその料理をお客に提供するために、このマニュアルは必ず必要です。
適当に料理して毎回品質の違う料理を出されてはお客が去っていきます。
これは、料理方法を手順で記載し、そしてわかりやすく写真も掲載しておくと良いでしょう。
飲食店での料理の味と見た目を一定にするためには、必ず必要なものであり、とても重要なマニュアルです。

数値管理マニュアル

意外に飲食店であまりマニュアル化されていないのが数値管理です。
飲食店を経営していく上では、その日の売り上げやコストなどはとても重要であり、これを数値にして管理することで、売り上げが多いのか少ないのか、コストがかかっているのかどうかがわかります。
適当に売り上げなどを目検討で管理すると、必要な品物の購入代金が無くなるなどのことが起こります。

マニュアルとしては営業日報として管理すべきです。
これには、その日の売り上げと客数と仕入れ品目と価格と人件費など数値の出る物は記載してデータにして管理します。
営業日報は一度マニュアルとして作ればよいわけではなく、開業し日々営業していく中では必要な項目などを随時改良していくべきです。

もう一つ必要なマニュアルは、その月と年の月次損益と年次損益計算表です。
月間や年間の支出を示しており、出費と収益を一覧表としてまとめたものです。
飲食店を経営するうえでは、日々の収支の把握も必要ですが、月や年ごとの収支の把握も必要であり、たとえば前月よりも売り上げが下がればどこを改善するべきか、などと考えるためにも必要なのです。
その他には必要であれば、スタッフ管理表、原価管理、お客管理表なども作っていくと飲食店営業で役に立ちます。