• TOP
  • お店の宣伝方法

お店の宣伝方法

お客さんを呼び込む!

居酒屋を開業するにあたって心配になるのは、本当にお客さんが来てくれるだろうか?ということです。
お客さんが来てくれなければ、せっかく苦労して開業した居酒屋の経営が成り立たなくなってしまいます。

他のライバル店にも負けないような居酒屋へと成長させるためにも、まずはお店の宣伝をしてお客さんに知ってもらうことが大切です。

具体的にどのような宣伝方法があるのか確認しておきましょう。

参考:小さな飲食店の開業資金、宣伝広告費の話

インターネットを活用する

現代の重要なツールとして欠かせない存在になったインターネットを上手に活用することで、お店の宣伝効果をアップすることができます。

インターネットの宣伝で重要なのは口コミです。
「あの居酒屋はとても雰囲気が良くて、料理も美味しかったよ!」という口コミを寄せてくれると、その口コミを見た人が興味を持って来店してくれます。

良い口コミが増えるほどお客さんの期待が高まって、より多くの集客を見込めるようになります。
特に友達同士の繋がりで広まるSNSでの口コミは絶大な宣伝効果があります。

「信頼している友達がおすすめしているのだから、きっと良いお店に違いない」と考えてくれるからです。
高額な宣伝費用をかけなくても、たくさんのお客さんが来店してくれるようになります。

ただし注意しなければいけないのは、自作自演の口コミは絶対に行わないことです。
明らかに自分または関係者が書き込んだと思われるような自作自演の口コミは、簡単にバレてしまいます。

自作自演の口コミを掲載したことがわかると、多くのインターネットユーザーから叩かれて「炎上」する騒ぎになってしまいます。

これでは全く逆効果になってしまい、宣伝どころか悪評ばかり広まる可能性が高いです。
あくまでもお客さんが自主的に口コミを広めてくれるような工夫をすることが大切です。

チラシの作成

宣伝費用がかかりますが、チラシを作成して一戸ずつ近所に配っておくことも重要です。

インターネットの口コミだけに頼っているといけないのは、インターネットを全く使わない客層には宣伝効果がないからです。

チラシにすると配布したお宅の方に必ず見てもらえるため、印象を残すことができます。

できるだけ費用を抑えるためには、作成したチラシを自分で配ると良いでしょう。
自分の足で配布していると、たくさんの人と直接お会いすることができます。

元気よく笑顔で「ぜひ来店をお待ちしております!」と伝えて渡すことで、お客さんも「行ってみようかな」という気持ちになってくれるはずです。

また、チラシに「このチラシをご持参の方はお会計時に5%オフ!」「このチラシをご持参の方にドリンク一杯サービス!」などの特典を記載しておくと宣伝効果があります。