• TOP
  • フランチャイズ店

フランチャイズ店

居酒屋の形態について

居酒屋と聞いて、みなさんはいろいろな居酒屋を思い浮かべるのではないでしょうか。

たとえば、海鮮居酒屋として有名な「花の舞」、低価格な均一料金で若い人を中心に人気の「銀の蔵」、老舗の「白木屋」「天狗」、あるいは多方面に事業進出をしている「和民」など、ぱっとあげただけでたくさん出てきますよね。
もちろん、これ以外にもさまざまなお店があります。

これらの一般的な居酒屋は、いずれも全国各地にあり、同じメニュー同じ店舗内装で展開をしているいわゆるチェーン店と呼ばれるものです。

そういったチェーン店というのは基本的に経営資本などが本部より提供されている形です。
それとはまた別にフランチャイズと呼ばれるビジネスモデルでのチェーン店があります。

これはフランチャイズチェーンと呼ばれ、通常のチェーン店とは違った形態です。

(参考サイト) フランチャイズ

フランチャイズ店というのは、そのグループ店を経営する会社が援助して出店した店舗のことを言います。

つまり、店舗の経営は本社とは全く別になるのです。仕入れや経営ノウハウを教育し出店者が独自で経営するという形態を取っています。

フランチャイズ店のメリット

このフランチャイズ店にはメリットとデメリットがあるので、その両方について見ていくことにしましょう。
始めにメリットについて。

・フランチャイズの店舗は、その権利や商標、ノウハウなどを提供する本部にとっては低コストでの事業展開をしていくことができます。

なぜかと言うと、すでに土地や店舗物件がある状態で加盟店が参入するので、取得にかかる時間や費用などを大幅に短縮することができます。
そのために新事業を急速に拡大して、スピーディーにブランドを確立することができます。

・フランチャイズ展開後の収入も安定的なロイヤリティーを見込めます。
加盟者は加盟店にとってもフランチャイズのメリットは大きいです。
開業から実務にいたるまでのビジネス上のノウハウを短期間に容易に取得することができます。

初心者でも簡単に開業することができるのです。母体のブランドそのものがしっかりとしているので、安定した集客を見込めます。

フランチャイズ店のデメリット

一方デメリットについて。
・本部は多数の店舗管理をしなくてはならないということ。そのために、全体的に質もばらつきが発生することになるのです。

それが原因で計画通りに商品提供をすることができなかったり、ブランドイメージが損なわれるというリスクも伴います。

・加盟者や加盟店側は、その資金のすべてを負担しないといけません。経営に問題があると本部が判断したとしても、経営者の交代などをすることができないという点もあります。