店長は好かれる人に

好かれる店長になるにはどうしたらいいか?

まず、店長になるには「人に好かれる」ということが一番大切です。
仕事をする上で、一緒に気持ちよく仕事ができる人でなければ部下はついてきません。

店長は部下をまとめる立場ですから、やはり「人に慕われる人格であること」が求められるでしょう。
では、好かれる店長になるにはどうしたらいいのでしょうか。

ここで「好かれる店長の条件」についてまとめてみました。

「使ってやっている」という立場の店長は嫌われる

まず、「俺は雇ってやっているんだ、嫌ならいつでもやめてもらっていい」という態度の店長は、とにかく嫌われます。
そもそも良く考えてみて下さい。今の飲食店は「雇ってやっている」などと言える立場ではありません。

あの大手牛丼チェーンの「すき家」は、人員が集まらないために全国の店舗の6割が深夜営業を停止しています。
なぜ6割もの店が深夜営業をしていないか?

従業員にとって負担が大きすぎる仕事だからです。
あまりにも負担が大きいために、人員が集まらずにすき家で仕事をしたいというひとが減ってしまっている。

これが、すき家で人員が減ってしまっているとても大きな理由だと言われています。
ただでさえ少子化の日本で、外食産業は人材の確保が難しくなっていると言われており、こういう高圧的な態度で困るのは店側です。それでは本当に人がこなくなってしまいます。

もちろん、かといって下手にでる必要はありませんが、きちんと相手の事情を理解した上で話し合いができる店長を目指してみて下さい。そういう店長が好かれます。

困っている時はさりげなく手助けを

従業員が困っているときは、さりげなく手助けをする。
そういう人が好かれます。「なぜ解らないんだ」と責めたり、面倒くさそうに教えたりという店長はまず嫌われますので、しっかりとその点を考えて下さいね。

仕事に慣れるまで、時間がかかるのは仕方がないことです。
きちんと仕事に慣れることができるようにしてあげてくださいね。

嫌なことは率先してやること

まず、嫌なことを人に押し付ける店長は嫌われます。
だからこそ、嫌なことは率先してやりましょう。

スポーツ選手でも、尊敬される選手というのは「嫌なことを率先して行い、自らが手本になることができる」問うひとです。むしろ、それができない上司は嫌われますので注意が必要です。

嫌なことを人に押し付けるのではなく、自分から背中をみせる人がすかれるということですね。