アルバイトの育て方

人を育てるって難しい

とにかく、人を育てるというのは難しいものです。
自分ではしっかり育てていると思っても、どこかで不満を持っているか解りません。

上司が思うとおりに育たないのが部下。それはまるで子育てに似ているのかもしれませんね。
やはり、いいアルバイトを育てるにはそれなりのコツがあります。

上司となったからには、その「育て方」をきちんと考えて実行する必要があるでしょう。
では、そんな部下の育て方のコツについてかんがえていきたいと思います。

質のいい部下と言うのは、どうやったら育てることができるのでしょうか。

いきなり叱りつけない

まず、いきなり叱らないことです。
上司となると、「従業員のために」という気持ちが強いからこそ「叱らなければ」と思ってしまいがち。

それも、「二度と同じ間違いをしないように」と厳しく叱りつけてしまう人が多いです。
でも、自分の立場で考えてみて下さい。失敗して厳しく叱られて、やる気が出るでしょうか。

特にがみがみくどくどという叱り方をするのは絶対にNGです。
かといって、注意しないわけにもいきません。

ではどうするのかというと、「褒めながら育てる」というのが大事です。

例えば、きちんと説明をすることは大事です。
「こういう理由があるから、○○はダメなんだよ」と注意すること。

理由を説明して、諭すような形でいうことが大事です。

こちらが「解ってほしい」という思いで丁寧に説明すれば、相手も必ずその思いを理解してくれるでしょう。
相手を見て、きちんと指導の方法を考えるというのは大切なことです。

また、忙しい時でもきちんとコミュニケーションをとることは大切です。

「話す時間を作る」ということは、お互いの考えていることを理解するきっかけにもなりますし、仕事の上でもコミュニケーションがしやすくなります。

従業員と心を通わせるというのは大切なこと。
だからこそ、しっかりとコミュニケーションをとる努力はしておきましょう。

従業員とは仲良くしておいた方が絶対にいい!

当たり前のことですが、従業員とは仲良くしておいたほうが絶対にいいです。
円滑な人間関係を築くことが働きやすい職場をつくることになりますので、仲良くやれる方法として「コミュニケーションをとる」ということは大切にしていきましょう。

従業員の方も、きちんと仲よくしている上司というだけで、信頼しやすくなります。ぜひ、従業員と仲良くなる方法にちてきちんと考えてみてほしいと思います。