客単価を考えよう

客単価ってなに?

お店をひらくなら、まず考えたいのが「客単価」のこと。
客単価と言うのは、一人のお客さんがその店でいくら使うか?という金額。

売り上げをあげるには、やはり「たくさんのお客さんにたくさんのお金を使ってもらう」ということが一番です。
とはいえ、そううまくいくわけもありませんので、店側がいろいろな工夫をして客単価と売り上げをあげることができるようにしていかなければなりません。

それをきちんと考えることが、経営者として重要なことになります。

客単価を上げるには?

手っ取り早く言えば、商品のお値段を上げることが一番客単価をあげることにつながります。
でも、あまりに高いお値段だと「お客さんが入らない」ということに繫がりますので、無謀なお値段をつけることは難しいでしょう。現実的ではありません。

なので、もっと現実的な方法で客単価をあげる方法を考えなければなりません。
例えば、安めのランチを設定すること。

「安いと客単価が上がらないのでは」と思ってしまいそうですが、客単価は安くても回転率をあげればたくさんの売り上げを稼ぐことができるでしょう。

客単価は安くても、多くの料理を提供することで十分な売り上げを得ることが可能になります。
またそれだけでなく、「サイドメニューを作る」ということも重要。

居酒屋なら、とにかく細かいサイドメニューを作ることで「お客さんがたくさんの商品を頼むようになり、客単価が上がる」ということが考えられます。

逆に、どんなに客単価を高くしたとしても回転率が低ければ思ったような効果が上がらないかもしれません。

客単価の平均は?

客単価の平均は、居酒屋だと大体2500円から3500円ほど。
しかし、それはあくまで平均ですので地方都市だとさらに安くなる可能性もあります。

中には2000円を切るようなところもあると言われていますので、それを考えれば「居酒屋の客単価は非常に厳しい」と考えた方がいいでしょう。

宴会コースが充実しているところだと客単価が上がりやすいと言われていますので、もしあなたが「客単価をあげたい」と考えるのであれば、宴会コースを充実させるということも考えてみるといいかもしれませんね。

とにかく「客単価を考える」ということは大切なことになりますので、ぜひ居酒屋をやる前に客単価についてかんがえてみてほしいと思います。

ここをシビアに考えておかないと、あとから困ったことになりかねないので注意が必要です。