スタッフ育成

接客マナー

居酒屋の魅力というのはいろいろとあります。
メニューや料金設定などもそのひとつの条件です。

しかし、いくらそういうメニューや低価格が魅力であっても、お店で働いているスタッフたちの接客マナーが良くなかったらお客様はお店に来なくなってしまいます。

スタッフを採用する場合には、日頃から言葉遣いや姿勢、表情といった基本的な接客マナーの教育を実施しなくてはなりません。

しかし、だからといって厳しいだけではなかなか人材を確保することができません。
特に最近では都心部における飲食業の人手不足は深刻化しています。好条件の待遇でもなかなか良い人材を確保することができないというのが現状のようです。

働きたくなるお店作り

人が働きたくなるようなお店作りというものが経営者側には求められているのです。

競合他社よりもより良い待遇で人を集めるだけではなくて、長く働いてもらえるためのお店を作っていくことも必要でしょう。

経営者側も、スタッフとのコミュニケーションを深めていく必要があります。それだけではなく、個人の自主性を重んじて、働きがいのあるお店を目指すようにしましょう。

褒めるところはきちんと褒める、注意するところは注意するというメリハリのあるスタッフ教育というのが、その人の意欲をさらに高めることにもなるのです。

そして、そのお店で働いている人たち同士がより良い人間関係を築いておけば、お店全体の雰囲気も良くなるでしょう。

経営者はそういった気づかいをすることも大切なのです。スタッフに自分から声をかけていき、意見を聞いてみるというのも良いでしょう。そうするとスタッフの中でも自覚が生まれ、お店に対する愛着も強まっていくのです。