外国人採用

飲食業界で活躍する外国人

飲食店では、海外からやってきた留学生や労働者も大切な戦力のひとつ。
少子化で子供が減っている今、外国人を雇う企業は決して少なくありません。

外国人労働者を雇うのは抵抗があると考える人もいるかもしれませんが、中には日本人以上に真面目でやる気のある人も多いので、「外国人だから」というだけで弾いてしまうのはもったいないです。

特に、居酒屋のオープン時は良質な人材がたくさんほしい時期。

国籍にこだわらず、「本当にいい人材を雇いたい」と考えている人はぜひ採用を検討してみてください。
外国人の採用に関しては、外国人専門のサイトが便利です。

「頑張る留学生」というサイトでは、日本語学校に通う学生の中から「親日で働く意欲がある学生」を選び紹介をしてくれます。

自分だけで人材を選ぶのはちょっと・・・と思うかもしれませんが、きちんとした機関がその留学生の身元や性格を見極め、紹介をしてくれれば安心ですよね。

外国人の中には、日本にいても日本に良い感情を持っていない人もいますし、日本語を話すことがまだ難しいという人もいます。そういう人は、この機関があらかじめ入らないようにしてくれるので、外国人を募集したいと考えている人はぜひ利用をしてみてください。

きっと、いい人材を見つけることができますよ。

外国人を雇う際に気を付けたいこと

外国人を雇う際、どうしても「日本語ができるかどうか」など見た目にとらわれた雇い方をしてしまうことが多いです。
確かに、お店で働くのに日本語ができるかどうかはとっても大切なこと。

でも、日本語を話すことができるかどうかだけで人を見るのは危険です。
日本語がペラペラでも、働く意欲がない人材では雇う意味がありません。

むしろ、言葉の問題よりもそういった意欲を見て人材育成をすることが重要です。

外国人留学生の中には、日本の文化を知りたいという理由で働くことに積極的な場合も。

こういった人材だと、日本人以上にバリバリ働いて結果を出してくれる可能性もありますので、ぜひ雇っておきたいですね。

外国人を雇うには、やはり
「緊張する」
「本当に一緒にやっていけるのだろうか」
「文化の違いを乗り越えられるのか」
など、たくさんの問題があるでしょう。

でも、とにかく接してみることが大事です。
外国人の中から「この人!」という人を見つけることができるかもしれません。

お客さんの中にだって外国人はいるわけで、そう考えれば「外国人を雇うのは怖い」という思いは軽減されるのではないでしょうか。