居酒屋料理レシピ紹介~サラダ編~

水菜のサラダ

水菜を使ったしゃきっとした歯ごたえのあるサラダです。
水菜の他に長ネギを使うのがポイントであり、これによって歯ごたえと口当たりの良い味に仕上げています。

・材料 : 水菜(1/2束)・長ネギ(10cm)・ちりめんじゃこ(ひとつまみ)・ドレッシング

・作り方

1、水菜は食べやすいサイズに切ります。
2、長ネギは白髪ネギにしておきます。
3、大きめのボウルに砂糖・ごま油・酢・塩こしょうを入れてドレッシングを作っておきましょう。
市販のドレッシングでも代用可能です。
4、ドレッシングの入ったボウルに、1~3の材料を入れて、和えたらできあがりです。

・ポイント

白髪ネギはサラダなどに使うことが出来、作り方を覚えておくと重宝します。
ドレッシングの種類によってサラダの味も変わってきますので、辛みを付けたり、甘みを多くしたりと、色々と味を試してみると良いでしょう。

まぐろの漬けとアボカドのサラダ

簡単なのに美味しく本格的なサラダです。
パーティなどの一品としてもぴったりの料理です。

・材料 : まぐろ(200g)・アボガド(1個)・大葉(3枚)・にんにく醤油・みりん・わさび・オリーブオイル

・作り方

1、まぐろはぶつ切りにして、にんにく醤油とみりんとわさびを加えて冷蔵庫で30分以上漬けておくのが大事です。
2、アボガドは皮をむいて、まぐろと同じぐらいの大きさにして軽く塩こしょうとレモンを加えます。
3、まぐろとアボガドを混ぜて、刻んだ大葉を振りかけます。
4、皿に盛りつけたら、オリーブオイルをかけて刻んだネギを振りかけて出来上がりです。

・ポイント

にんにく醤油は醤油ににんにくを入れて5日以上つけ込んだものです。
にんにく醤油がなければ普通の醤油でも代用できます。
アボガドはよく熟した物を使った方がよいです。

えびとブロッコリーのたらこクリーム

たらこクリームが美味しい、お酒に良く合うサラダであり、つまみにも最適です。

・材料 : えび(8尾)・ブロッコリー(1/2個)・サニーレタス(1枚)・たらこ(適量)・レモン・マヨネーズ・生クリーム・白ワイン

・作り方

1、たらこは皮をむいて軽くこしょうをして、マヨネーズとレモンと合わせて冷蔵庫で冷やしておきます。
2、湯を沸かして、塩大さじ1とレモン白ワインを加えて、えびを入れます。
再沸騰したら火を止めて煮汁に付けたままにして、煮汁が冷えたら煮汁だけを捨てるようにしてください。
3、ブロッコリーは一口大に分けて、塩ひとつまみを入れたお湯でゆでて冷まします。
4、たらこに生クリームを入れてのばし、えびとブロッコリーを入れます。
5、器にサニーレタスを敷いて、えびとブロッコリーを盛りつけて出来上がりです。

・ポイント

えびはボイルされた物を買っても良く、必ず背わたを取って料理します。
ブロッコリーは茹でたら水切りをしますが、電子レンジで加熱しても良いです。