何度も通いたくなる店づくり

また来たい!と思える店づくりを目指そう

お店を作るとき、大切なのが「また来たい」と思わせること。
お店を繁盛させるには、リピーターを作ることが一番です。

街に行けば、居酒屋は本当にたくさんありますよね。
その中から、自分のお店を選んで「ここで食べよう」と思ってもらえるかどうか、さらに「あの店に行こう」と思ってもらえるかどうかはとっても重要。

リピーターを得ることができないお店というのは利益を計上をしてえ初めて存続することができるものですが、新規のお客さんだけでなくリピーターをつくることができてはじめて儲けが出ます。

だからこそ、「また来たい」とうお店づくりを目指すことは大切なことなのです。

どうしたらリピーターがつく?

では、どうしたらリピーターをつけることができるのでしょうか。
まずは、このサイトをご覧ください。
>>>常連客を獲得する飲食店経営成功の極意

上記のサイト内を見ると、1990年代には専門料理居酒屋が中心のお店展開だったのに対し、2010年に入ると「激安」「均一価格の居酒屋」が爆発的に増えたことになります。

皆さんは、都内で「立ち飲み居酒屋」が流行したのをご存知でしょうか。
なぜこの立ち飲み居酒屋が流行したのかといえば、椅子がないぶん料理やお酒が安く手軽に楽しめるからです。

この様に、今の時代は「価格が安い」ということが非常に重視されるようになています。
さらに、安いのは当たり前で「味も美味しいこと」が求められるように。

居酒屋に限らず、今の飲食業界というのは非常に苦しい立場に立たされていることがわかるでしょう。

だからこそ常連客が必要

だからこそ、今この時代は「常連客をつかむこと」が何よりも重要。
上記サイトにもありますが、売り上げの比率は80パーセントが常連客。

新規の客というのは、20パーセント程度なのです。もちろん、だからといって新規の客が必要ではないというわけではありませんが、常連客を逃さないように努力をすることは何より大切だということが解るでしょう。

常連客を維持するには、まず料理の質を下げないことはもちろんですが、新しい料理やサービスを積極的に打ち出していくなどの工夫が必要。

しかし、サービスも間違えると顧客離れを招くことになりますので、そのサービスが本当にお店のためになるかどうかを考えなければなりません。

また、サービスや料理だけに依存をするのではなく、人とのコミュニケーションを重視し「いい接客を提供する」ということは何よりも大切です。