開業までの手順

それでは、早速開業までの手順を追って説明しましょう。

資金の準備について

まずは開業資金について。

ロケーションの問題

居酒屋で大切なことはたくさんありますが、一番気をつけなくてはならないのは、その立地です。
どんなに居酒屋の雰囲気が良かったり、値段が安かったりしたとしても、不便なところにあったらお客さんは入ってくれません。

「居酒屋は立地がすべて」と言われているほどなので、立地条件をしっかりと考えて場所を選ぶようにしましょう。

東京都内あるいは大阪市内だけでも、いろいろな地区があります。学生が多い街、サラリーマンが多い街、若い女性が集まりやすい街というように、その地域ごとに特色があります。

ですから、何度もその場所に足を運んで市場調査をする必要があるのです。
お店のコンセプトなどに合わせた立地を選ぶようにしましょう。

また、競合店がないかということも重要です。
立地選定には時間をかけた方が良いでしょう。

内装・設備業者選び

次に必要なのが内装や設備業者選びです。居酒屋を開業するにあたって必要な資金の大部分を占めるのが、内装や設備の費用です。

会社によって料金やサービス、商品内容などは異なってくるので、比較検討をしっかりとしておきましょう。
ひとつの会社で決定してしまうと、他にもこんなに良いところがあったと後悔することにもなりそうです。

そうならないために、事前にいくつかの会社に頼んで見積もりを取って比較をして、信頼できる業者を選ぶようにしてっください。

警察署への届出

業態によっては、細かい届けが必要です。

メニュー・価格の設定

その後に考えなくてはならないのはメニューや価格の設定です。
お店のコンセプトにあったメニューを考えるようにしましょう。

特に他店と差別化をしたい場合には、このメニューはとても大切です。
メニューによってお店の特徴が決定されるので、そういったこともきちんと考えておくようにしてください。

できるだけいろいろな人たちの意見を参考にすることも必要です。友人や知人など幅広い価値観の人のアドバイスを受け入れることによって、よりユニークなメニューができるでしょう。

そして、幅広い客層に受け入れられるお店になる可能性も秘めています。
ですから、そういったことも考えてメニュー作りを進めていく必要があるのです。

なおきちんと原価を計算して、粗利益の確認をしっかりと確認することも必要です。

(参考サイト)食品卸業者(株)国分

また、こういった食品卸業者の中には、開業メニューの相談に乗ってくれる部署があったり、担当者がいろいろとアドバイスをしてくれたりするということもあります。

特にこれから開業をしたいと思っている人は、そういうプロに相談をしてみるのも良いでしょう。
それまでは気づかなかったようなことを教えてくれたり、流行についてアドバイスをもらえたりするので参考になります。