個人経営

個人経営の戦い方

大手チェーン店が全国展開をしているような居酒屋もあれば、個人で店舗を借りてひっそりと経営をするというパターンもあります。

大手の場合、莫大な宣伝費をかけているので経営が派手ですし、使う食材も豪華なものが多かったりして、とにかく目を引くためのアピールをしていることが特徴。

しかし、だからといって個人経営のお店が負けているということではありません。
個人経営の場合、コンセプトは自分で決めることができますし「どんなところにこだわるか」というのも好きに考えることができますので、そういった意味でやりがいがでてきます。

何より、1から自分で育てていくという楽しさは個人経営だからこその楽しみですね。
料理人をしている人の中には、「いつか自分の家を持ちたい」と考えそれを夢にしている人も少なくありません。

大変な仕事ではありますが、それだけにやりがいも大きく楽しみがある仕事でもあるということでしょう。

個人経営のメリット

では、個人経営のメリットについて。
大手の場合、経営はとってもシビアです。

メニューから接客の仕方からすべてがマニュアル化されていますので、それに従って経営をすればいいという点では楽なのかもしれません。

しかし、利益が流らない場合の決断も早く、「もう少しこうしてみれば売れるのにな」という思いがあったとしても、さっさと閉店をきめてしまう・・・というシビアな一面も。

しかし、個人経営の店であればあくまで閉店は自分の判断なので、「とりあえず努力してみる」ということができます。
また、どこにお金をかけるかも自由。料理の素材にお金をかけることもできますし、店舗内にかけることも可能。ちらしをつくるなど、いろいろな工夫ができることもいいですね。

とにかく、何をするにも「自分の好きにできる」ということが、個人経営のメリットですね。
ただ、この「自由さ」がデメリットにつながることも。

個人経営のデメリット

何もかも自由ということは、何もかも自分の責任になるということ。
利益がでなければ閉店をしなければならなくなりますし、その責任も自分で取らなくてはなりません。

下手すると、開業した時のお金がそのまま借金として残ってしまう可能性も。
成功すれば利益は大きいですが、そうでなければ大きな借金がのこってしまうかもしれません。また、従業員を雇う場合はその責任もあります。

自由にできるというメリットはありますが、逆にそれが大きなデメリットにもなる。それが、個人経営のデメリットになるということでしょう。